一昔前に朝鮮人部落周辺の日本人の家々で頻繁に起きた事件とは??

Channel: チャンネル大和

417,639

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

一昔前の日本において朝鮮部落周辺の日本人の家々で頻繁に起きた事件とは!?日本は朝鮮に朝鮮半島を併合してくれと頼まれて、1910年、日韓併合をおこないましたが、それ以降、多くの朝鮮人(扱いは日本人)が自らの意思で、貧しい朝鮮半島を捨て、豊かな日本へ新天地を求めて移住してきました。
しかし、そんな中、日本国内において、朝鮮移民の多くは犯罪を犯し、土人民族らしく路上で野糞を平気でし、衛生的にもよくない行動を多くしておりました。
それを危惧した日本政府は一時、朝鮮人の内地への移民を禁じる政策を打ち出しました。しかし、朝鮮人は貧しい半島での暮らしよりも賃金の高い日本への移住を強く望んでいました。密入国してまで、日本へ移住する朝鮮人も相当数おりました。特に戦後は日本の自衛力が弱っているのもあり、海上警備も薄く、主に済州島からの密入国者が多く、日本において不法滞在、日本人の土地を不法占拠、抵抗する日本人を殺害、暴行、他に強盗、強奪、強姦、違法品売買、詐欺等悪の限りを日本においておこなってきました。それらの子孫が、現在、在日韓国・朝鮮人として暮らしているわけですが。
朝鮮人は互助会に活動し、北は総連、南は民団といった感じで組織をつくり、朝銀に見られるような無担保、無利子で違法物品等売買で得た利益をまわしてきました。
そんな中、朝鮮部落周辺の日本人の家々で頻発した事件とは!?