【驚愕】世界の珍しい出産と赤ちゃんが凄すぎる・・・ ①

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

世界のギネスに記録された出産、珍しい出産、世界最年少、最高齢、最多出産等を集めてみました。

どれも衝撃的な出産ばかりで、世界には凄い記録があるのを知り、ビックリしました。

調べてみると、まだまだあるようです。
動画の評価のGoodボタンを押して頂けると、動画制作の励みになります。

画像引用元様:

http://i50.tinypic.com/286smtk.jpg
http://cdn-media.extratv.com/archive/images/news/0126-octomom.jpg
http://img.jamilog.jami-ru.com/20120731_3040696.jpg
http://www.proyecto-bebe.es/upload/cntimg/NEWS/bousada.jpg
http://resources3.news.com.au/images/2010/11/06/1225948/811231-omkali-charan-singh-with-her-twins.jpg
http://baby-benpi.com/toki/wp-content/uploads/2013/12/tumblr_mvn9n0OAwJ1rdredko1_500.jpg


音楽引用元:
サイト名⇒『甘茶の音楽工房』
URL ⇒ http://amachamusic.chagasi.com/


2009年、アメリカのナディア・スールマンさん(33歳)が、体外受精で八つ子(6男2女)を出産しました。
離婚経験があるシングルマザーで前夫との間に子供はなく、友人男性から精子の提供を受けたそうです。


ロシアのバレンティナ・ヴァッシュリーブさん、産んだ子どもの数は、なんと69人。たった一人で69人もの子どもを産んだそうです。
1725年から1765年にかけて27回の出産で双子16組、三つ子7組、四つ子4組の計69人を産んだとの事。(うち2人が早逝)
1人の女性が産んだ最多の記録と同時に四つ子及び双子の最多出産回数の記録保持者としてギネスブックに掲載されている。


2006年、スペイン人のマリア・デル・カルメン・ボウサダさんが、自分の年齢を55歳と偽りアメリカで体外受精を実施。
スペインの病院で、66歳358日で双子の男の子を出産した。


インドネシアでは、体重8.7キロの赤ちゃんが生まれたそうです。同国ではこれまでで最も重い新生児だと言います。
あまりに大きいため、帝王切開で取り上げられたそうです。


インドのオムカリ・パンワーさんは、70歳になって体外受精を行い、無事に男の子と女の子の双子を出産しました。


世界最年少で出産したのは、ペルーの5歳の少女、リナ・メディナちゃん。彼女がちょうど5歳7ヶ月21日の日、2.7キログラムの男の子を出産しました。
子供の父親は誰で、どのようにして妊娠したのかは、リナちゃんは一切語っていません。

≪関連おすすめ動画≫

【衝撃】世界最年少で出産した5才の少女
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=yiJ-YhmZ-7w