東武東上線50090系“フライング東上”ラッピング車両

Channel: karibajct

8,902

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

東武鉄道東上線では、池袋~寄居間の全線が開業してから本年で90周年を迎える記念として、東上線でかつて運行されていた行楽列車『フライング東上』の車両をイメージしたラッピング車両が、11月28日に登場しました。
『フライング東上』とは1949年(昭和24)~1967年にかけて運行された季節臨時列車です。この度のラッピング車両は1950年代に見られた53系電車の「濃い青色に黄色い帯」が再現されたもので、53系と同様にクロスシートが装備されている50090系電車がラッピングの対象となりました。
カラーリングだけでなく『フライング東上』のヘッドマークをイメージした開業90周年記念ヘッドマーク、側面行先表示器付近にある翼の模様も再現されています。
運行初日の11月28日は、池袋9時16分発→小川町行きで「東武東上線全線開通90周年記念ツアー」の団体臨時列車が運行され、小川町駅では8000系電車による『フライング東上』カラーの車両に接続しました。8000系のほうも同日運行開始で、こちらは塗装により再現されています。

50090系のラッピング期間は1年間の予定で、着席保証列車『TJライナー』のほか、日中時間帯の一般列車としても運用されています。

《撮影日 Date》November 28/29,2015