日本刀の職人たちVOL6 柄巻師 :文部科学省

Channel: mextchannel

680,908

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

English subtitles:http://youtu.be/2Hig8eJflYU
All videos:http://www.youtube.com/playlist?list=PL76F2B447B13008E4
柄巻(つかまき)は刀剣を操るために柄(つか)を補強することと実践的に手溜(てだまり)をよくする目的で行なわれたものです。
古代では、刀の柄(つか)は漆木(うるし)や藤づるで巻いたりしていましたが、江戸時代になると革包みにして正絹(しょうけん)
の組紐(くみひも)で菱(ひし)に巻かれるようになりました。
補強と組紐(くみひも)がずれない工夫として鮫革(さめがわ=エイ)を使いました。上質な鮫革(さめがわ)は一匹のサメ(エイ)から一枚しかとれません。