伝説の天才ライダー フレディ・スペンサーの経歴

Channel: taka2013japan

210,388

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

伝説の天才ライダー フレディ・スペンサーの経歴


1961年12月20日
アメリカのルイジアナ州出身

幼年期からダートトラックレース
などに親しみ、1978年に本格的に
二輪ロードレースへの参戦を開始。

モトグッツィ、ヤマハ、カワサキ
などのライダーを経て
1980年にUSホンダと契約。

80年には鈴鹿8時間耐久ロードレース
にもホンダのワークスマシンで
出場している。

同じ年、ベルギーGPにて
世界グランプリ500ccクラスに
スポット参戦し
グランプリデビューも果たす
(ヤマハのTZ500)。

1981年にはホンダNR500でイギリスGPに
スポット参戦。予選10位、決勝でも
果敢な走りで5位まで上がって
リタイヤと鮮烈な印象を残し、
NR500の世界GPにおける
最高成績を記録した。


世界グランプリ・フル参戦

1982年

ホンダ・ワークスから
世界GPへのフル参戦を開始。

同年からホンダはNR500
(4ストロークエンジン)に代え、
2ストローク3気筒エンジン搭載の
新型マシンNS500を実戦投入しており、
スペンサーはこの車両を駆って
同年のスペインGPで初のPPを獲得し、
ベルギーGPで世界グランプリ
初勝利を遂げる。その後も1勝を挙げ、
ランキング3位を獲得する。


1983年

ヤマハのケニー・ロバーツと、
年間12戦のうち6勝ずつ分け合う
激しい戦いを展開。

最終第12戦サンマリノGPではケニーが
優勝して対戦成績を五分に戻したが、
獲得ポイントはスペンサーが
2ポイント上回っており、
500ccクラスのチャンピオンを
獲得することになった。

この時点でスペンサーは21歳8ヶ月、
2013年にマルク・マルケスに
破られるまでロードレース
世界選手権の最高峰クラスにおける
シーズン制覇の最年少記録であった。


1984年

ホンダはV型4気筒エンジン
搭載のNSR500を投入したが、
数々の新素材導入にあたり
トラブルも多く、スペンサーは
シーズン5勝をあげるもランキングは
4位にとどまり、エディ・ローソン
(ヤマハ)にシーズンタイトルを
奪われた。

ちなみにスペンサーはこの年、
NSR500とNS500をコースによって
使い分けていた。


1985年

前年の成績を挽回すべく、
WGP500cc、250ccの両クラスに
ダブルエントリー。

500ccクラスでは全12戦中11戦に出走し
両クラスとも最終戦を待たずして
年間チャンピオンを確定。

'70年代以前には同一年に複数の
タイトルを獲得する例も多く見られたが、
世界GPにおける「Wタイトル」はこの年の
スペンサーが現在までのところ
最後の記録である。

また、500ccと250ccのWタイトルは
世界GP史上スペンサーのみである。

1986年

右手首故障

開幕戦・スペインGPに登場。
予選ではポールポジションを獲得し、
決勝レースもスタートからトップを
独走した。しかしスペンサーは
レース中に右腕に故障を発症して
ピットインし、そのままリタイア。

以後のレースでもリタイアが多く、
スペンサーはシーズン途中で
戦線を離脱し、結局1986年は
獲得ポイントなしであった。

1987年

復活をかけたデイトナの
スーパーバイクレースにおいて
VFR750を駆り予選最速タイムを
叩きだすが、前走車の転倒に
乗り上げてしまい転倒骨折、
本戦には進めなかった。

世界GPの開幕戦・鈴鹿(日本GP)では
予選初日の第1回目セッションを
5周しただけで手首の状態が
良くない事を理由にエントリーを
取り消し。

スペンサーがレースに戻ったのは
シーズン中盤戦以降であった。

1988年

フル参戦する予定だったが、
3月16日に現役引退を発表。

カムバック

1989年

引退を撤回。

ジャコモ・アゴスチーニ率いる
マールボロ・ヤマハチームに加入し、
YZR500で世界GPに参戦した。

1990年

デイトナではRC30でスポット参戦。

1991年、1992年

AMAスーパーバイク全戦に参戦。

1993年

同年をもって世界GPからは
完全に引退した。

1995年

AMAスーパーバイクレースに
ドゥカティから参戦。

1996年

二度目の引退を発表し、
以降はレースへの参戦は無い。

1983年シーズン半ばにある雑誌の
インタビューに次のように語っている。

「僕の走り自体は神にすべてコントロール
されている。僕は神に守られているのだ。
そこには恐怖心など何もない。
ただ、ひたすら神を信じて
走ればいいだけのことなのだ」