【ダイハツ タントカスタム 800km 試乗】“欠点のなさ”が光るスーパーハイトワゴンの定番

Channel: DELICA D5

15,222

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

⇒http://kumamon7.net/pqip/ka
車を売るなら「無料クルマ査定ナビ」

【ダイハツ タントカスタム 800km 試乗】“欠点のなさ”が光るスーパーハイトワゴンの定番

新車販売の4割にまで比率が上昇した軽自動車。その軽自動車の中でも販売台数でトップをひた走るのは、ダイハツのスーパーハイトワゴン『タント』。昨年10月にデビューした第3世代モデルとなる現行タントを長距離試乗したのでリポートする。


◆カタログ燃費はカテゴリートップレベルの26km/リットル

試乗車はワル系にデコレーションされた「カスタムRS」。搭載エンジンは排気量658ccの3気筒ターボで、スペックは最高出力64ps、最大トルク9.4kgm。車両重量は960kgと、軽自動車としてはかなりの重量級だが、JC08モード燃費は50kg軽量なスズキ『スペーシアカスタム』のターボモデルと同じ26km/リットルを確保。ホンダ『N-BOXカスタム』ターボの23.4km/リットル、日産自動車『デイズ ルークス』/三菱自動車『eKスペース』の22.2km/リットルに対しては明確なアドバンテージを持つ。また試乗車には衝突軽減ブレーキや先行車発進お知らせ機能などを盛り込んだ安全装備「スマートアシスト」が実装されていた。

東京・葛飾を出発し、首都高速、横浜新道、西湘バイパス、箱根新道を越えて静岡に入り、バイパスを利用しつつ御前崎灯台、中部電力浜岡原子力発電所を訪問。その後、袋井から岡崎まで東名高速を走り、三河安城に到達。帰路は西湘バイパス、首都高のみ有料道路を使い、葛飾に帰着するというルートで、総走行距離は814.9km。うち高速・有料道路は4分の1強の218.7kmだが、一般道も流れの速いバイパスが過半を占め、高速ツーリングに近い状況だった。1名乗車で、エアコンは暖房に加え、降雨時にデフロスターを適宜使用した。
《井元康一郎》

引用元 http://response.jp/article/2014/03/13/219095.html

toyotajpchannel
http://www.getlinkyoutube.com/user/toyotajpchannel

本田技研工業株式会社 (Honda)
http://www.getlinkyoutube.com/user/HondaJPPR

Nissan Newsroom
http://www.getlinkyoutube.com/user/NissanNewsroom

suzuki test drive channel
http://www.getlinkyoutube.com/user/suzukiyamaguchi

Mazda Channel
http://www.getlinkyoutube.com/user/mazdaofficialweb

SUBARU On-Tube
http://www.getlinkyoutube.com/user/SUBARUOnTube

MITSUBISHI MOTORS TV
http://www.getlinkyoutube.com/user/MitsubishiMotorsTV

ダイハツ タントカスタム
ダイハツ タント
ダイハツ
タントカスタム
タント