【衝撃の事実】石田純一が懺悔…川島なお美さん「失楽園」主演は代役だった

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

YouTubeなのに顔出し、声だし、撮影不要!
誰でもできる月30万円稼ぐ方法を無料公開中!
http://banana-asp.net/lp/978/125004

9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)の通夜が1日、
しめやかに営まれた。祭壇にはワイングラスが飾られ、棺の中には舞台衣装、
楽屋のれん、ゴルフボール、愛犬の服などが納められた。

 通夜には秋元康、松嶋菜々子、片岡愛之助、荒川静香など、
各界の著名人1500人が参列。その中で、「謝らなくちゃいけないことがあって……」と
うつむいていたのは石田純一(61)だ。石田は「『失楽園』は渡辺淳一先生が僕を
イメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演に決まっていた。僕が推していた
女優さんもいた」と、川島は本来“代役”だったことを明かした。

「結局、僕が報道番組(スーパーJチャンネル)の司会をやることになって降りて
しまった。その後、古谷一行さんに決まり、女優さんも川島さんに決まった。
ずっと言えなくて心に引っかかっていました。でも、僕が降りて彼女の人生が開けた。
今日は(遺影に)『ごめんね』と言いました」と告白したのだ。

 ドラマ「失楽園」に抜擢された川島は、原作の故・渡辺淳一(享年80)への
“熱烈なアプローチ”で勝ち取った仕事だといわれてきただけに、石田の
「代役秘話」で再び波風が立ちそうだ。

 実は、石田と川島には別の“因縁”も。石田のキャッチフレーズともなった
「不倫は文化」という言葉は、96年に長谷川理恵(41)との不倫が発覚し、
リポーターから不倫を追及された石田が「文化や芸術といったものから
不倫が生まれることもある」と発言したことが発端。これがワイドショーなどで
「不倫は文化」と繰り返し報じられたことで、石田の“迷言”となった。しかし、
そもそも石田が発言した「文化や芸術といったものから……」という言葉も、
前日に川島から聞いた受け売りだったという。

 不倫の“盟友”として何を思ったのだろうか。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000027-nkgendai-ent


関連動画
【ニュース速報】【芸能】川島なお美さん、通夜と告別式は“ワイン葬”で…参列者にも振る舞い
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=wtKR21s7t7U
川島なおみさんの通夜で、石田純一、失楽園の相手役オファー断っていた「ごめんね」
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=7FCaKtVYT-Q
石田純一と川島なお美の秘話 失楽園
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=ISN7vcVgx0s