伊勢志摩サミットに向けSPが警護訓練

Channel: Gulsum Alvaz

10,698

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

来年、三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」を前に、要人の身辺を警護する「SP」と呼ばれる警視庁の警察官が、東京・港区の迎賓館で訓練を行いました。
セキュリティポリス=SPは、総理大臣などの要人の警護にあたる警視庁の警察官で、20日の訓練では東京・港区の迎賓館に130人余りが集まりました。
訓練は、要人が車に乗り込もうとする際、暴漢が銃撃してきたという想定で行われました。SPは要人を守りながら、車に乗り込んで素早く退避するとともに暴漢に飛びかかり取り押さえていました。また、要人を乗せた車を防御する役割の車が警戒しながら走行する訓練では、車2台がスピードを出しながらスラローム走行する技術を披露しました。
警視庁は、パリの同時テロ事件でテロへの警戒が強まるなか、来年の「伊勢志摩サミット」で各国の首脳が来日するのを前にこうした訓練を重ねています。
警視庁警護課の関岡明課長は、「SPとして要人の身辺の安全を守るため、任務に当たり、サミットの成功に貢献したい」と話していました。