【閲覧注意】少女のミイラ30体を“生きる人形”に加工した男

Channel: megch

158,096

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

少女のミイラ30体を“生きる人形”に加工した男 ― 法廷で天才と呼ばれた獣

 2012年、ロシア中西部の都市ニジニ・ノヴゴロドで1人の男が逮捕された。男の名はアントリー・モスクヴィン、47歳の歴史家。逮捕時、警察がアントリーの自宅に踏み込むと、そこに広がっていたのは、想像を絶する光景だった。まるでゴミ屋敷のように散らかった部屋の中に、子どものミイラ30体が無造作に置かれていたのだ。子どもたちは1人1人化粧をほどこされて衣服を着せられ、まるで“生きる人形”のように加工されていた。

 警察によれば、モスクヴィンは過去に700以上の墓地を訪れ、150個の墓を盗掘したという。そのうち30体あまりを自宅に運び、ミイラ加工して自分の部屋に並べていたのだ。
モスクヴィンは両親と同居していたが、驚くべきことに両親は「息子の“趣味”にはまるで気が付かなかった」と、警察に話している。
■13カ国語を操る天才
裁判では、モスクヴィンの責任能力が問われた。ナターリアら遺族は当然厳罰を望んだが、精神鑑定ではモスクヴィンに異常が認められた結果、判決は保留となり精神病院に収容された。2012年以降、一年おきに鑑定が行われているが、モスクヴィンは罪の裁きを受けることもなく、今も精神病棟に収容されたままである。

 この結果にナターリアはじめ遺族は怒りをあらわにしているが、現在のところ為す術はないという。

 一方、モスクヴィンを調査した精神科医によると、モスクヴィンはそのおぞましい犯行とは対照的に、極めて高い知能を示していることがわかった。13カ国語を話し、法廷では“天才”とまで呼ばれていた。しかし精神科医は、「モスクヴィンは普段の会話では極めて聡明に話をするものの、“少女たち”について話が及んだ途端、まるで取り憑かれたように人格が変わる」と話している。

 また警察の調べによれば、犯罪の動機について性的な嗜好から少女を狙った形跡は一切見られなかったとされている。むしろモスクヴィンはセックスを嫌悪し、醜いものだと考えており、法廷では次のように述べたという。


500年間凍っていた少女! まるで生きているよう!? ~ミイラでわかった、インカ帝国の生贄の実態~
■500年凍っていた少女。解剖すると驚くべき事実が…

画像の引用
http://tocana.jp/2014/10/post_5100_entry.html
http://tocana.jp/2014/10/post_5100_entry_2.html
http://tocana.jp/2015/03/post_5944_entry.html

音楽引用
甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/index.html

管理人おすすめ動画
【閲覧注意】 15歳の少女。500年前のミイラが生々しすぎる件
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=v-kQfTKORWM

【閲覧注意】動物たちがミイラ化した動物園が悲惨すぎる
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=tshjp8G5QR4

【閲覧注意】美しすぎるミイラが今にも動き出しそうな件
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=wWskcckxxRg

【閲覧注意】セッ〇スするミイラ!?サパ・インカのヤバすぎる話
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=8EAqzwwKXUA