F4戦闘機 『F-4が日本ではまだ現役で飛んでいるのか?』日米合同訓練で驚く米パイロット= 魔改造で性能向上し主力自衛隊戦闘機一角を担う MAXSCOPE JOURNAL

Channel: MAXSCOPE JOURNAL

340,964

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

※皆様へのご報告
http://www.getlinkyoutube.com/watch?v=M9sTazL8qfY

チャンネルホーム(ご支援受付)ページ
http://www.getlinkyoutube.com/channel/UCCmh2DBgw9MKlmgvasPxNPw

ベトナム戦争で活躍したF4戦闘機が、空自に配備されたのは昭和46年のことだ。「まだF4が飛んでいるのか?」日米共同訓練では、こう言って驚く米軍パイロットもいるという。本来であれば、F4はそろそろ引退していてもおかしくなかったのである。


ソース引用:産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150417/prm1504170002-n3.html
大艦巨砲主義!
http://military38.com/archives/43660697.html


F-4は、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上戦闘機である。アメリカ海軍をはじめ、多くの国の軍隊で採用された。愛称はファントム II(Phantom II)アメリカ海軍初の全天候型双発艦上戦闘機として開発され、大型の翼と高出力のジェットエンジンを双発で装備し大きな搭載量を特徴としている。当初の機種番号は海軍ではF4H、アメリカ空軍ではF-110だったが1962年にアメリカ軍の軍用機の命名規則統一によりF-4となった。ベトナム戦争での活躍から多くの西側諸国に採用され、各国の要求に応じて様々な派生型が数多く作られたことより冷戦期の代表的な機体となった。数々の実戦戦績や各国へのセールスの成功も含めて傑作戦闘機と評価され、マクドネル社の発展の原動力としてその名を世界に広めた戦闘機とされる。マクドネル社とダグラス社の合併によりマクドネル・ダグラス社となってからも生産が続き、総計5,195機の生産数となった。超音速戦闘機の歴史で5,000機以上製造されたのは、このF-4とMiG-19、MiG-21、MiG-23の4機種しかない。うち3機種は東側の
ソビエト連邦製であり、西側ではF-4が唯一例となる。現在のベストセラーF-16が2012年現在で4,500機程度の生産数であることを見ても特筆すべき生産数であるといえる。初飛行から50年以上経過して開発国のアメリカでは全機退役しているが、現在でも多くの機体が現役のまま2010年以降も運用され続ける見通しである。また、本機に乗るパイロットを「ファントムライダー」と呼ぶこともある。ウィキペディアより引用


当チャンネル関連動画
http://www.getlinkyoutube.com/channel/UCCmh2DBgw9MKlmgvasPxNPw/videos
F-3国産戦闘機は日本にとって本当に有益か?=F3国産次世代ステルス戦闘機の防衛省入札準備 MAXSCOPE JOURNAL
韓国経済制裁発動=韓国との漁業交渉(EEZ)完全決裂で日本政府がついに・・ MAXSCOPE JOURNAL
【韓国の反応】イチローの3000本安打達成は同じ漢民族として応援しなければならない=『イチロー再びの在日認定』MAXSCOPE JOURNAL
【韓国の反応】日韓軍事協力加速中!海上哨戒機親善飛行4年ぶりに再開 MAXSCOPE JOURNAL
EU英離脱=オバマ米大統領が『まいったな』キャメロン英首相との電話会談で開口一番 MAXSCOPE JOURNAL
F-15戦闘機精鋭部隊『アグレッサー(侵略者)部隊』航空自衛隊小松基地に移転完了=対中国戦術高度化 MAXSCOPE JOURNAL

舛添要一氏・涙ながらに都議会に前例のない懇願? =全会一致賛同で『不信任案成立』MAXSCOPE JOURNAL
北海道置き去り男児『田野岡大和君』発見までの多くの謎にウソの可能性!? MAXSCOPE JOURNAL
MRJ2号機が初飛行に成功=国産小型ジェット機 三菱航空機開発体制加速 MAXSCOPE JOURNAL
大韓航空羽田事故は『完璧な非常時対応』と機長が自画自賛=大参事の可能性はあたりまえの航空会社 MAXSCOPE JOURNAL
台湾が親日政策に早速変換『沖ノ鳥島沖の巡視船引き揚げ・教科書改定阻止』日本は親日台湾の期待に応えられるか MAXSCOPE JOURNAL
X2 ステルス先進技術実証機を中国メディアが絶賛?『X2のステルス性能は確かに高い。しかし・・』一方で見当違いの悪評価 MAXSCOPE JOURNAL
X-2 先進技術実証機 "心神" (ATD-X) 初飛行で、F-15Jイーグル主力戦闘機の対ステルス戦闘機戦力が話題に『F-22購入かF-3開発か』MAXSCOPE JOURNAL
心神 X-2 初飛行成功で米国がF-22ラプター194機の追加生産と同盟国への輸出も検討『国産次世代ステルス戦闘機 F-3けん制か』MAXSCOPE JOURNAL
心神 X-2 初飛行成功=F-35を凌駕するステルス戦闘機開発『平成の零戦』航空自衛隊・小牧基地 ATD-X MAXSCOPE JOURNAL
F22ラプターステルス戦闘機が韓国上空に現れ強気の韓国紙に冷ややかな米国人の反応 MAXSCOPE JOURNAL
サッカー日韓頂上決戦[日本AFC U-23優勝] 韓国ネットユーザー発狂と悲鳴 MAXSCOPE JOURNAL
心神 ATD-Xお披露目『第6世代戦闘機の先端技術』秘密のベールに包まれた技術の神秘性 MAXSCOPE JOURNAL
韓国を揺さぶる安倍外交=岸田外相の竹島領有権主張に韓国政府『慨嘆を禁じ得ない。つまらない主張』MAXSCOPE JOURNAL
【海外の反応】ATD-X 国産新型ステルス戦闘機『F-3心神』実証機の初飛行は2月と公表 日本の戦闘機技術の復活成るか MAXSCOPE JOURNAL