YouTubeの音は悪い 16[kHz]で強制カットされる

Channel: 商品レビュー専門

14,185

TIP: Right-click and select "Save link as.." to download video

Initializing link download... Initializing link download.....

http://getnews.jp/archives/160011
ガジェット通信に掲載されました

http://www.youtube.com/watch?v=LjswD4bCk1U
上記リンクにアップロードしたホワイトノイズが入っています。 これを使って検証しました。

特にオーディオファイルと呼ばれる人やクラシック音楽を聞く人、宅録などで高音質でレコーディングを行う人にはYouTubeの音は悪いと言われています。

私もそのように感じていましたが、客観的に調べたことは有りませんでした。 そこで以下の実験を行いました。

1.10秒のホワイトノイズを作成する
2.静止画ファイルを使い、無圧縮の動画ファイルを作る、音声は10秒のホワイトノイズ
3.上記ファイルをYouTubeへアップロードして処理されるまで待つ
4.MP4形式でダウンロードする
5.MP4形式の動画から音声ファイルを取り出す。(Adobe Premiere Elements使用)
6.スペアナソフトで測定する

です。 結果ですが、YouTubeで処理されたデータは16[kHz]以上の音は記録されていない事が確認されました。 アップロードする際は未圧縮なので問題ないので、YouTubeで処理された結果がこれです。

モスキート音を作りましたが、これで16[kHz]以上の音は怪しいことがわかりました。


考察

 YouTubeは画質に関してはフルHDの4倍に相当する4K2Kに対応しています。 しかし、音声に関しては圧縮音声のままです。 容量的に音声の方が少ないので、上を目指すのであればSuper-CDやDVD-Audio以上の音声フォーマットを提供して欲しいと思います。

宅録などでいい音でレコーディングしても、YouTubeが台無しにしてしまう悪いところだと思います。